治療について

当クリニックで受けられる(実施している)治療

血液透析

ニキソー社のシステムの導入により、体重計に乗るだけで患者さまの情報が自動的に透析装置に送られ、かつ治療中の血圧の動きなども自動的に監視されるため、人為的ミスの少ない計画的で安全な透析治療が可能です。
透析液の作成は、材料の開封・溶解、機械の洗浄消毒などを、液作成装置が自動かつ密閉された回路で行います。そのため、透析液の清浄化に優れ、きれいな水での透析が可能となります。
すでに透析を導入されている患者さんでも、交通の便などから当院での透析治療を希望される方はご相談下さい。
また、まだ透析を導入されていない方、腎機能の低下がみられ心配な方もお気軽にご相談下さい。

前立腺高温度療法(前立腺日帰り治療)

前立腺高温度療法は、薬物療法が効かなくなった前立腺肥大症で、手術療法にやや抵抗感のある方に適した治療です。
当院ではThermex-Iという装置で、高周波電流(RF波)により尿道から前立腺を約45℃に温めることで前立腺の萎縮をはかり、正常なレベルの排尿状態を長時間持続させることができます。
内視鏡手術と異なり、麻酔なしで行える1時間程度の治療で、入院の必要が無く、外来での治療が可能です。
体への負担も少なく、高齢の方でも安心して治療を受ける事ができます。
治療効果は個人差もありますが、2~3週間で安定します。
治療後のトラブルも少なく、性機能にも影響はありません。

尿失禁治療装置(低周波干渉波および体外式磁気刺激法)

腹圧をかけた際の尿失禁は、骨盤庭筋群の緩みが関与しています。この緩んだ骨盤庭筋群と低周波干渉波により強化し、尿失禁を改善します。
寝ているだけで受けられる、簡単な治療です。
下腹部に専用パッドをつけて、20Hzの低周波干渉波を流します。1回20分程度の治療を週2回行い、治療による痛み等の副作用はありません。また、治療効果が弱い場合には、体外式磁気刺激装置を用いた、同様の治療も行います。
これらの装置には膀胱の収縮を抑制する作用があることがわかり、一部の切迫性尿失禁にも効果があるとされています。
また、体外式磁気刺激装置には、相乗効果として、お尻の筋肉のたるみや産後の膣の緩みの改善、下半身のシェイプアップ効果も期待されています。

ED(勃起障害)

簡単な問診や一部必要な検査をした上で、的確に診断いたします。
性交時に内服するバイアグラやレビトラといった従来からの薬剤に加え、最近登場した内服後36時間効果が持続するシアリスという新しい薬剤も治療の選択肢に入りました。性交や内服するタイミングにお悩みの方にとっては、いつ訪れるかわからない性交機会への焦りからの開放も期待できます。
男性にとっては切実な問題であると考えていますので気兼ねする必要はありませんし、もちろんプライバシーには十分に配慮いたします。
お気軽にご相談下さい。
※ 診療は自費診療になります。

男性更年期

男性ホルモンの低下に伴う様々な症状が現れます。
性欲低下・勃起障害・射精感の欠如といった症状が中心と考えがちですが、実は男性ホルモンには精神心理状態を落ち着けたり、男性らしい身体を維持したりする作用があります。
よって、男性ホルモンが低下すると、精神心理症状(落胆、抑うつ、苛立ち、神経過敏、記憶・集中力の低下、生気消失、疲労感など)や身体症状(骨・関節・筋肉関連症状、発汗、ほてり、睡眠障害、肉体的消耗感など)が出現します。
性症状よりも、これらの精神身体症状が目立つ場合もあり、しばしは精神神経病として扱われてしまっている場合もあります。
男性ホルモンを測定し、その診断結果と場合によっては男性ホルモンの補充を検討いたします。
いろいろな不定愁訴が続く男性は、男性更年期の可能性がありますので、ぜひ一度ご相談下さい。

トレーニング

骨盤周囲筋トレーニング装置(PBトレーナー)

・骨盤の歪み、それに伴う腰痛・姿勢のみだれ
・下半身や下腹部の筋力低下
・腹圧時の尿漏れ
・膀胱や子宮の下垂感、産後の膣の緩み
・お尻の筋肉のたるみ

上記のような骨盤-下半身の症状で悩んでいませんか?

“最近姿勢も悪くなってきている”
“座っていると無意識に脚が開いてしまう・・・”
“最近下腹部から足腰の筋肉も弱ってきたみたい・・・”
“最近下腹部を気にしながら咳やくしゃみをしないと尿漏れが・・・”

これらの原因として、骨盤庭筋や股関節筋などのヒップ周りの筋力低下が関与している事があります。
PBトレーナーはこれら骨盤周囲筋の筋力トレーニングを目的とした器械で、特別なイスから出される周期的な磁気パルスにより筋肉を他動的に収縮させることで筋力をアップします。
トレーニングは着衣のままでOK。1回20分間、リラックスして座っているだけで終了します。
効果は週2回で約1ヵ月で出てくるのが一般的ですが、ご自分の都合の良い時のトレーニングでも構いません。

無料体験も可能です。
ヒップ周りの筋肉をトレーニングして、健やかな生活を取り戻してみませんか。

※こちらは保険適用外のため、自由診療(自費診療)となります。

Copyright (C) 2007 TAKEYAMA UROLOGICAL CLINIC. All Rights Reserved.